Pick UP!

道路交通法が改正され、高齢者ドライバーの認知症検査が強化された。

鹿児島県内では、法律施行後26人が認知症と診断され、免許が取り消されていたそうです。

改正道交法により、75歳以上のドライバーが危険な運転をすると、更新時期が来ていなくても認知症検査を受けることが義務化されています。
鹿児島県では、およそ、742人がこの検査を受け、488人が「恐れあり」と診断されそのうち26人が認知症と診断され免許を取り消され、62人が免許を自主返納しているそうです。

どうしても高齢者ドライバーは増えてきます、アクセルとブレーキがわからなくなったなどの話も聞きますので、安全な運転のためこういう制度は良いと思うのですが、
一方で車がないと生活できない方もいるので、バランスをうまくすることが必要ですね。

—————————-
交通事故(人身事故)発生状況 9/26
 
東京都 
発生件数  56件
死者    1人
負傷者   66人