6月6日(土)3時頃、宮城県気仙沼市の国道でダンプと軽乗用車が正面衝突する事故が発生しました。

この事故で軽乗用車に乗車していた親子の母親が旨を強く打って死亡、娘も肋骨を折る重傷、ダンプカーの運転手にはケガは無かったようです。

事故の原因は、軽自動車がセンターラインをはみ出したのではないかとみられています。

軽自動車は娘さんが運転していたようで、やはり助手席というのは死亡率が高いって言うのはホントのようですね。
シートベルト等はどうだったのでしょうか。
軽自動車が加害者になるかもしれませので、修理代金・慰謝料を請求されてしまう可能性がありますので、任意保険にちゃんと入ってると良いのですが・・・

また、任意保険から補償があるかと思いますので、法律家に相談してもらえると良いんですが。

お母さまのご冥福をお祈りいたします。